【軽井沢・山長黒うどん】小麦の皮と玄米の粉が織りなす魅惑のうどん

  • Pocket

秘伝の製法で打たれる「黒うどん」。軽井沢どころか、日本中を探してもなかなかお目にかかれないのではないでしょうか。今回は、そんな珍しいうどんを提供してくれる「山長黒うどん 軽井沢店」をご紹介します。実は魅力的なのは、うどんだけではないのですよ。では早速、レポートしましょう。

軽井沢・山長うどん

製法にこだわり、栽培方法にこだわり、全国各地の厳選食材にこだわる

まずは、何といっても黒うどんのご説明から。なぜ黒いかというと、小麦の皮と玄米の粉が入っているから。黒と言っても、どちらかというとお蕎麦のような色合いです。もちろん製法は秘伝。香り豊かで、もちもちとした食感がたまりません。

小麦の皮と玄米の粉を、とくれば、料理に対するこだわり部分がお分かりいただけるでしょう。そうです。「山長黒うどん」のメニューはとてもヘルシー。化学調味料不使用・無漂白の麺はもちろんのこと、メニューにもよりますが、ともに供されるたっぷり野菜は、自家栽培した無肥料・無農薬で育てたもので、とても健康的です。

メニュー

メニューは「煮込みうどん」と「皿うどん」から選びます。

煮込みうどんは、

  • 「月見鍋焼きうどん」1,200円
  • 「きのこ鍋焼きうどん」1,400円
  • 「かき鍋焼うどん」1,500円など

皿うどんは、冷たいうどんと温かいうどんから選べ、

  • 「かけ皿うどん」1,000円
  • 「南高梅干おろし皿うどん」1,200円
  • 「えび天皿うどん」1,600円など。

美味しそうなうどんメニューが並びますが、これだけで終わらないのが「山長黒うどん」の魅力なのです。実は、夜の営業はガラッと変わって、魚をメインとした割烹に大変身! 食材にこだわるマスターの目利きで選んだ、能登や北海道から直送される魚介類を中心に一品料理が供されます。

なんでもマスターは、趣味の食べ歩きが高じてお店を開いたのだとか。全国を食べ歩いて気に入った食材を空輸で取り寄せているそうです。当然ながら、素材が持つ旨みを活かした料理は絶品ですよ。

まとめ

  • 珍しい黒うどんが供される
  • 鍋焼きうどん、皿うどんからチョイス
  • 食材にこだわり、とてもヘルシー
  • 夜は割烹に大変身

カウンターの15席のみ。夜は要予約です。舌の肥えたセレブ達の隠れ家として人気のお店なので、ぜひ一度、訪れてみてください。

山長黒うどん アクセス

所在地 北佐久郡軽井沢町大字軽井沢 195-4
電話番号 0267-42-0051
営業時間 ランチ 11:00~15:00
ディナー 17:30~21:30
定休日 無休
営業時間・定休日は変更となる場合あり。店舗に要確認
駐車場  有り
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*