コーヒー

【軽井沢・ミカドコーヒー】旧軽銀座通りの定番スイーツ「モカソフト」

ミカドコーヒーは戦後間もない昭和23年に東京の日本橋室町で創業し、軽井沢へは昭和27年に出店しました。コーヒーの平均価格が60円だった時代に、ミカドでは30円で販売して現代のスタバやドトールのように気軽にコーヒーが楽しめるお店として人気を集めたそうです。軽井沢旧道店では、店頭で販売しているモカソフトが大人気。旧軽銀座の食べ歩きスイーツの定番になっています。

続きを読む

【丸山珈琲軽井沢本店】自然豊かな別荘地で愉しむ香り高い珈琲

丸山珈琲・軽井沢本店

軽井沢には、コーヒーにこだわりを持つ店が点在していますが、その中の代表格の一つが「丸山珈琲」です。創業は1991年。代表の丸山健太郎さんが、追分にある雑貨・喫茶の店「柊(ひいらぎ)」さんの喫茶スペースで営業させてもらったのが始まりだそうです。でも、実はコーヒーに関わったのは、その前年のシーズンに奥様の実家のペンションで昼間に喫茶店を始めたことからのようで、ある時、知り合った方のひと言でコーヒーを本格的に勉強。1991年のオープンにつなげられました。

続きを読む

【軽井沢セゾン美術館】静寂の森の中、アート鑑賞とカフェでのランチ

セゾン美術館・菊竹清訓

中軽井沢エリア、千ヶ滝に向かう道すがらにある「セゾン現代美術館」。500点にも及ぶ現代美術コレクションは、訪れる人に感動と新たな審美眼を与えてくれるものばかり。絵画だけでなく、彫刻作品も多数展示されています。また美しい庭園やカフェ、ショップもあり、作品を閲覧するだけでなく、ゆったり、のんびりくつろぐ時間も手にできます。そんなセゾン現代美術館の魅力をご紹介しましょう。

続きを読む

【軽井沢・セゾン現代美術館】アートを巡り、新緑の庭園を楽しむ

軽井沢セゾン美術館

20世紀前半の巨匠の作品から、日本気鋭の作家の最新作まで、幅広く収蔵されている「セゾン現代美術館」。実は、この美術館には美しいガーデンがあり、緑の中に数多くの彫刻作品が展示されているのです。この庭園は、浅間山の裾野の延長という構想の下で生まれたそう。新緑の頃には立壺すみれ咲き、その作品群とあいまって、心に栄養を届けてくれます。

続きを読む