【軽井沢・あめりか屋】明治・大正期における西洋住宅のパイオニア

  • Pocket

軽井沢には、歴史ある西洋風の別荘・住宅が数多く残されています。たくさんの外国人宣教師たちが避暑に訪れ、別荘文化が花咲いたことから、それはごく自然な軽井沢の風景として私たちも捉えていることでしょう。でも、よく考えたら、そんな西洋住宅は誰の手によって建てられたのでしょうか? この素朴な疑問の回答の一つとして、「あめりか屋」という、日本初のハウスメーカーをご紹介したいと思います。

アメリカから持ち帰った6棟のバンガロー住宅がスタート

「あめりか屋」の創業は、明治42年(1909年)。橋口信助(1879年~1928年)という人物が、日本初の住宅専門会社として立ち上げました。あめりか屋という名前の通り、橋口は「ひと旗上げよう!」とアメリカに渡り、さまざまな仕事を経験します。その中で住宅に目を付け、帰国時に組み立て式のバンガロー住宅6棟を持ち帰るのです。

そして、その6棟のバンガロー住宅を、外国人向け貸家として東京・赤坂に建てたのが事業の始まり(1910年 藤倉氏貸家)。その後、橋口は建築家である武田五一のサポートを受ける形で「住宅改良会」を立ち上げ、啓蒙活動を開始します。早稲田大学に建築科を創設した佐藤功一、同じく東京高等工業学校(現東京工業大学)の建築科創設にかかわった滋賀重列らを顧問に招き、さらに首相であった大隈重信をはじめとする各界の有力者を賛助員に迎えて、大正4年(1915年)には機関誌「住宅」を創刊するのです。

大隈重信の別荘

こうして政財界と強い結びつきを得た樋口率いる「あめりか屋」は、次々と西洋住宅を建設していきます。大正5年(1916年)には軽井沢にて細川護立侯や徳川慶久公、その後さらに大隈重信候の別荘を手掛けます。和洋折衷を否定し、暮らしに椅子を採り入れた合理的でモダンなスタイルを提唱することで、大正文化の発展とともに事業を拡大していきました。

旧田中角栄別荘や旧近衛文麿山荘

旧近衛文麿山荘(市村記念館)

あめりか屋の住宅の特徴は、柱を見せない大壁の外観です。多くの建物において1階の外壁を下見板張りで仕上げ、2階の外壁をモルタル塗りで設えています。大正後期では建物全体をモルタルで仕上げることが多くなります。

時代が進むにつれ、西洋住宅を手掛ける建築家や住宅会社も増え、昭和の初めに入ると徐々に事業は縮小していったそうです。現在も見られるあめりか屋の代表的な建物は、軽井沢では水戸徳川家13代当主徳川圀順の別荘として建設され、現在は登録有形文化財となっている旧田中角栄別荘や旧近衛文麿山荘(市村記念館)などが有名です。

まとめ

いかがでしたか。日本の西洋住宅のパイオニアは、明治という時代にあって果敢に渡米し、住宅を持ち帰ったというまさに開拓者精神にあふれた人物でした。あめりか屋の足跡を辿ると、こういった人々が時代を動かし、新しい文化を生み出していくのだとつくづく思わされます。日本の西洋住宅のルーツの一端に、ぜひあなたも軽井沢で触れ見てはいかがでしょう。

  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*