【エロイーズカフェ】朝食の人気メニューはフレンチトースト。

  • Pocket

軽井沢駅の南側に位置する「南ヶ丘別荘地」。あの白洲次郎らが中心となってつくられた軽井沢ゴルフ倶楽部をはじめとする数々のゴルフ場周辺に、静かに広がっています。そんな緑深い環境の中に、「エロイーズ・カフェ(ELOISE’s Café)」はあります。クラッシックの調べが静かに流れる店内。鳥のさえずりがBGMのテラス席。どちらからも美しい庭が眺められ、非日常のやすらぎを届けてくれます。今回は軽井沢の隠れ家的存在、「エロイーズ・カフェ」を詳しくご紹介したいと思います。

エロイーズ・カニングハム女史の想いが形になった建物

音楽ホール 設計:吉村順三

実はこの「エロイーズ・カフェ」は、「ハーモニーハウス保存プロジェクト」の一環としてつくられたものなのです。ハーモニーハウスとは、アメリカ人音楽教育家のエロイーズ・カニングハム女史が数億円をかけ建てた、青少年のための音楽ホール兼合宿施設のこと。約1000坪の土地に建坪140坪にもおよぶその建物は、日本を代表する建築家吉村順三氏の設計でつくられました。

しかし、時代とともにその役割を終え、老朽化が激しく、滅失の危機を迎えます。この美しい建物をなんとか残したいと考えた末に立ち上がったのが、「ハーモニーハウス保存プロジェクト」というわけです。2015年に「カフェ」「シェアハウス」「見学ツアー」という3つの事業によって保存に向けた活動が開始されました。

軽井沢ゆかりのメニューを提供。オリジナルメニューも豊富

「エロイーズ・カフェ」は、ハーモニーハウスのダイニング部分をリノベーションし、2015年4月にオープン。明治時代に宣教師から伝えられた製法を今も守り、つくられる「イギリスパンのトースト」や「三笠ホテルカレー」など、軽井沢にゆかりのあるメニューが提供されます。中でも人気の3つのメニューをご紹介しましょう。

スキットスフレオムレツ 1280円~

信州産の新鮮でおいしい卵を用いた、ふわふわのオムレツ。白身3、黄身1の割合のこのオムレツは、メレンゲをつくった後に黄身を流し込む、独特の製法が特徴です。ポテトもついてボリューム満点の一皿です。

エッグベネディクト 1280円~

イングリッシュマフィンに信州産卵のポーチドエッグ、トマトをトッピング。オリジナルオランデーズソースでいただきます。サラダ(ドレッシング付き)付き。

宣教師が愛したフレンチトースト 980円~

エロイーズカフェ・フレンチトースト

宣教師直伝のイギリスパンを、オリジナルレシピでふんわりと焼き上げたフレンチトースト。軽井沢で一番古い老舗のパン屋「山屋商店」のパンを使用してつくられます。「エロイーズ・カフェ」の一番人気です。

もちろん、この他にもおいしいメニューが盛りだくさん。ドリンクメニューも豊富で、ハワイコナをはじめとする厳選された世界各地のコーヒーや、契約農家から直送される無農薬で栽培された国産の紅茶、ウーロン茶、緑茶も用意されています。では、ココドコ軽井沢の”達人”が選ぶ、「エロイーズ・カフェ」おススメの過ごし方をお教えしましょう!

軽井沢に来るたびにカフェに訪れる、達人お気に入りの過ごし方

「エロイーズ・カフェ」は、朝8時からの営業(8月は7時から)。やはりリゾート地は”朝”が気持ちいいので、達人はいつも比較的空いている、朝早くに来店します。

中庭をぼーっと眺めながら飲むコーヒーは最高です! フレンチプレスなので素材本来のおいしさが楽しめ、量も2~3杯分あるので、ゆったり、のんびりできます。
中でも、「南ヶ丘ブレンド(中煎り:¥880)」は口当たりがよく、すっきりとした柑橘系の酸味が特徴。産地の違う6種類のコーヒーが用意されているので、その日の気分に合わせてチョイスするのも「エロイーズ・カフェ」の楽しみ方の一つでしょう。
それに合わせるのは、「宣教師が愛したフレンチトースト」。しっとりとしていてやわらかく、しっかりとした甘さが心地いい。オーダーを受けてから作り始める”焼き立て”にこだわっているのも嬉しい限りです。
もちろんコーヒーやフレンチトースト以外にも、エッグベネディクトやスムージーなど、おいしくて身体に優しいメニューも豊富です。バナナ? ほうれん草? ヨーグルト? グリーンスムージーを飲みながら、ミックス具合に思いを巡らせるのも楽しいです。

「エロイーズ・カフェ」では、スマホの電源も切って、のんびり過ごすことが一番の贅沢だと思います。ちなみにテラス席なら、ペットもOK! みなさんも素敵な時間を過ごしてください!

ペットOKのテラス席
雪景色の静寂も軽井沢ならでは

まとめ

心落ち着く場所で、おいしいものをいただくだけで幸せですが、その収益が貴重な建物の保存に役立っていると思うと、余計に心が豊かになります。また、吉村順三氏の設計による建物は美しく、建築好きにはたまらないでしょう。

  • エロイーズ・カフェは、ハーモニーハウス保存プロジェクトの一環
  • 緑深い、別荘地の一角に佇む。抜群のロケーションが魅力
  • 宣教師直伝のイギリスパンなど、オリジナルメニューが並ぶ
  • 建築好きも楽しめる

ちなみに1月中旬から3月中旬まではクローズなので、お出かけの際は気をつけましょう。朝早くに出かけて、優雅なモーニングを楽しんでみては?

エロイーズ・カフェ アクセス

住所 北佐久郡軽井沢町軽井沢1067-9 ハーモニーハウス
電話番号 050-5835-0554
営業時間 80015008月は700~)
営業期間 3月中旬~翌年1月中旬
定休日 期間中無休
交通 軽井沢駅より徒歩21分
外壁に描かれた大きな「ELOISE’s Café」の文字が目印

  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*