【軽井沢・フランスベーカリー】ジョン・レノンが愛した老舗のパン屋

  • Pocket

軽井沢には、おいしいパン屋さんがたくさんあります。その中で、ジョン・レノンをはじめ、さまざまな著名人が愛したパン屋さんが、今回ご紹介する「フランスベーカリー」。1951年(昭和26年)に創業した、老舗のパン屋さんです。お店のこだわりをはじめ、軽井沢の達人が大好きな「おススメ5選」をご紹介したいと思います。

万平ホテルで腕を磨いた初代から引き継ぐレシピでつくられるパン

フランスベーカリーは、あの有名な軽井沢「万平ホテル」でベーカーチーフを務めた田村寅次郎さんが独立し、創業したお店です。確かな腕が評価されていたこともあり、以来、軽井沢を訪れる方々に愛され、多くの著名人からの支持も集めました。

今も店内にある商品のほとんどが当時のレシピ通りにつくられており、その足し算をしすぎない素朴な味わいは、どこか懐かしさを感じさせてくれます。どれもおいしいものばかりですが、軽井沢の達人が特にお気に入りの5つのパンをご紹介したいと思います。

【おススメ5選】素朴な味わいが、噛めば噛むほど口いっぱいに広がっていく

「フランスパン」販売価格(税込):346円

ジョンが愛した「フランスパン」

フランスベーカリーの看板商品。これは絶対に外せません! あのジョン・レノンも愛したそうで、外はパリパリ、中はもっちり。あたためてもおいしく食べられます。最高級の小麦粉、塩、地元のおいしい水にこだわり、昭和26年以来、変わらぬ製法で焼き続けられているのだとか。オリーブオイルやディップ、ジャムなど、どんなものとも相性バツグン。塩がやや強めで、どんな料理にもよく合います。ちなみにハーフサイズ(194円)もあります。

「パンロール」販売価格(税込):421円

ミルクと卵をたっぷり使った「パンロール」

ミルクと卵をたっぷり使ったやさしい味。しっとりコクのある味わい深いパンです。赤ちゃんからお年寄りまで誰にでもおいしく食べられます。もともと1枚の天板で焼きあがる48個のパンロールを、一袋6個に分けて販売しているのだそうです。

「ハーモニーネオブレッド」販売価格(税込):389円

ハーモニーネオブレッド

外の生地はパリッとしていて、中はもっちりとした、甘さ控えめのデニッシュ。

「イギリスパン」販売価格(税込):292円(1斤分)

イギリスパン

こちらもフランスベーカリーの人気商品。レシピは創業当初と変わらないそうです。昔から別荘の方々に人気があり、70年近くにわたって、親から子、子から孫へと受け継がれる定番です。さっくりとした食感の生地は、噛むほどに甘みを感じます。軽くトーストしてバターを塗るだけで十分においしく、表面はさっくり、中はしっとり。お気に入りのフルーツを生クリームでサンドするのもおススメの食べ方。でも、イチバンのおススメは、軽井沢のジャムと合わせる食べ方です。口いっぱいに軽井沢の幸が広がります。

※他に3斤分の1本もあります(販売価格(税込):875円)

「塩クロワッサン」販売価格(税込):162円

塩クロワッサン

フランスベーカリーオリジナルの特製クロワッサンです。一般的なクロワッサンとは違い、通常のパン生地をクロワッサンとして焼き上げられています。オーブンに入れる前にワンポイントとして塩をのせてサクサクに仕上げます。さっぱりとしていて、その中でアクセントの塩がきちんと効いているので、そのまま食べてもすごくおいしく、いつの間にか“トリコ”になってしまいます。手間がかかっていそうなのに、お値段も手頃。大人気なのも分かります。

まとめ

まとめとしては

  • 昭和26年創業の老舗パン屋さん
  • 軽井沢「万平ホテル」でベーカーチーフを務めた田村寅次郎さんが創業
  • ジョン・レノンをはじめとする多くの著名人からも大人気
  • おススメは5つのパン

店内でも食べられるので、その場で食べ比べするのもいいですね! ぜひ訪れてみてください。

店内のイートインコーナー

フランスベーカリー アクセス

所在地 北佐久郡軽井沢町大字軽井沢618
電話番号 0267-42-2155
営業時間 80017:00
定休日 毎週木曜日 夏季無休
駐車場 町営旧軽井沢駐車場(有料)が便利
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*