【軽井沢・穴場】8月の軽井沢で、混雑を避けて楽しく過ごす穴場6選

  • Pocket

避暑地として大人気の軽井沢の8月は、東京方面の高速出口や、佐久小諸方面の国道18号線は大渋滞となり、メジャーな観光スポットはたどり着くだけで大変です。特に、旧軽井沢銀座通り、アウトレット、星野エリアへの車でのチャレンジは諦めたほうがよいでしょう。そこで軽井沢を満喫しに行ったのに、ロクに何も体感できずに帰るなんてことにならないように、“軽井沢らしい自然や空気をきちんと体感できる穴場スポット”をご紹介したいと思います。どこも比較的空いているので、快適に楽しく過ごせますよ。特にお子様連れのファミリーやペット同伴の方におススメです。

1.セゾン現代美術館

軽井沢セゾン現代美術館
カフェ・ヤマアラシ(6月撮影)

人気&混雑の星野エリアから車で5分程度の距離にある「セゾン現代美術館」。500点にも及ぶ現代美術コレクションは、訪れる人に感動と新たな審美眼を与えてくれるものばかり。絵画だけでなく、彫刻作品も多数展示されています。また美しい庭園やカフェ、ショップもあり、作品を閲覧するだけでなく、ゆったり、のんびりくつろぐ時間も手にできます。

2.石の教会・内村鑑三記念堂

軽井沢・石の教会

石の教会は、人気の星野エリアにありながらホテルブレストンコートに併設された結婚式場として認知されているためか、一般には公開されていないイメージがあるようで、観光客があまり訪れない穴場となっています。

結婚式が無い場合は教会の内部も見学できますし、ホテルブレストンコートに併設されている素敵なレストランでモーニングやランチを楽しむことも可能です。

3.千ヶ滝

千ヶ滝

千ヶ滝は、落差20メートル、軽井沢で最大の滝。そこに至るまでの道のりが遊歩道となっており、美しい樹木と清流が、訪れる人をやさしく包み込んでくれます。遊歩道「せせらぎの道」の途中には川の流れを堰き止めて造られた水遊び場があり、深い森の中で小さなお子様と楽しむのには最適な環境です。

せせらぎの道の途中にある水遊び場

4.追分宿

追分宿の石畳

サマーシーズンの人でごった返す中心地をちょっと離れ、静かな歴史スポットを訪ねる旅をしてみませんか? ご紹介するのは「追分宿」。宿場町の雰囲気を今も感じられる、軽井沢散策には打ってつけの街道です。石畳の風情ある道をゆっくりと散策すれば、軽井沢のいにしえはもちろん、軽井沢と日本各地とのつながりも見えてきます。

5.離山公園

雨宮御殿イチイ
雨宮御殿のシンブルツリー「イチイに巨木」

離山公園は、観光客で賑わう中軽井沢と旧軽井沢の間にあるため、普通は通過してしまう場所ですが、近年になって点在するいくつかの施設をつなぐように遊歩道や駐車場が整備されたため、軽井沢の自然や歴史を手軽に体感できる観光スポットになりました。

6.湯川ふるさと公園

湯川ふるさと公園

湯川ふるさと公園は、雄大な浅間山が望める絶好のロケーションにあり、軽井沢のさわやかな空気の中、子供達が思い切り遊べる場所です。町営ですからもちろん無料で、しかも地元利用が少ないのか、いつでも空いている穴場スポットです。敷地内には、ボール遊びが出来る人工芝の運動場や、ペット連れに嬉しいドッグランなどもあります。

  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*