【軽井沢・室生犀星】軽井沢が舞台の作品を数多く残した詩人・小説家

軽井沢には室生犀星記念館があるように、室生犀星は軽井沢を幾度も訪れ、数々の名作を世に送り出しています。1889年(明治22年)、加賀藩の足軽頭だった小畠家の小畠弥左衛門吉種と、その女中であったハルとの間に私生児として石川県金沢市にて誕生。その生い立ちは、彼の文学に大きな影響を与えたそうです。今回は、室生犀星の足跡と軽井沢との関りについてご紹介しましょう。

続きを読む

【軽井沢・気候風土・霧】意外と軽井沢が霧に包まれることが多い理由

爽やかなリゾート地というイメージが強い軽井沢ですが、実はなんと年間100日も霧が出る場所です。「何度か軽井沢に旅行に行ったけれど、そういえば…」という方も少なくないはず。今回は、軽井沢の霧についてお話ししたいと思います。別荘購入や移住を考えている人にも参考になると思います。

続きを読む