落葉松

【軽井沢・雨宮敬次郎】人々を魅了する、緑豊かな軽井沢の祖

軽井沢の雨宮御殿

今の軽井沢があるのは、雨宮敬次郎(あまのみや けいじろう)という人物がいてこそであるという事実は、一般的にはあまり知られていないのではないでしょうか。その昔、軽井沢は寒冷地で農作物はあまり育たず、湿地帯・沼地ばかりの、ろくに木が生えていない土地だったのです。緑豊かな今の軽井沢からは、想像もできません。この美しい自然を育てたのが雨宮敬次郎。では早速、雨宮と軽井沢との関わり、残した功績を振り返ってみましょう。

続きを読む